任意整理後の借入

数ある債務問題の解決方法の中で、任意整理はもっともマイルドな解決方法だとされています。逆に最もインパクトが強いのは自己破産です。

なぜマイルドなのかというと、この方法はその流れの中で一度も裁判所に関わることがなく、債権者と債務者の当事者間による話し合いだけで解決するからです。

実際の解決例を見ると、大半は金利をストップしてその時点で残っている借金を分割払いにするというものが多く、金利がストップしているので毎月の支払で確実に元本が減っていきます。

最もマイルドな解決方法ではあるものの、この方法も債務解消方法のひとつに変わりはありません。任意整理をしたことは信用情報として記録されるので、以後の借入は原則としてできなくなります。この点は自己破産と全く同じです。

当事者間の話し合いで解決されるので、当事者ではない別の金融会社なら借入がでいるのではないかという人がいますが、各社で信用情報は共有されているので、1社でこの手続きをしただけでも、少なくとも5年間は借入できません。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。