任意整理完済

任意整理の基本的な解決方法は、「金利ストップ+残金分割」です。

弁護士や司法書士が代理人となって金融会社と交渉をして、任意整理で解決する場合はこのパターンがほとんどです。任意整理が完了した時点で金利をストップするので、これ以上借金が増えることはありません。以後は話し合いによって決めた無理のない金額を毎月分割で返済していきます。もう金利がストップしているので、たとえ毎月の返済が少ない金額であっても確実に借金は減ります。これが、任意整理の基本的な考え方です。

この返済期間については、おおむね3年や5年が目安となっています。つまり、任意整理をしたあとこの期間の返済を続ければ、やがて借金は完済となります。これで晴れて借金問題は解決ですが、ひとつだけ注意してほしいことがあります。

それは、任意整理はあくまでも債務整理だということです。たとえ完済したとしても、債務整理をした記録が消えるわけではないので、以後の借金は難しくなることを覚えておいてください。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|