任意整理したら奨学金は難しい

学生を援助する制度に奨学金があり、奨学金の給付を申請する学生に限度はありますがお金を援助します。奨学金には返済の義務がない「給付奨学金」といずれは返済をしなければならない「貸与奨学金」があります。

問題はこの「貸与奨学金」の返済で、これ以外に金融機関からお金を借りていて、その返済ができなくなると、まずは任意整理をしようということになります。任意整理は債務整理ではありますが、お金を返済する先の債権者を選択することができますから、奨学金を任意整理の対象から外すことができます。

ただし、奨学金を申請する前に任意整理をしようとすると、その返済滞納の事実は個人信用情報機関に登録されてしまいますから、奨学金貸与の審査でそれが発覚し、奨学金を受けることは難しくなるでしょう。また、奨学金を貸与する独立行政法人「日本学生支援機構」は、奨学金の返済が3か月以上延滞した人の個人情報を全国銀行個人信用情報センターに登録することになっています。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|