任意整理とは

債務整理には、主に4つの方法があります。

全ての借金をチャラにする自己破産、3年間で返済できる金額に借金を減らす民事再生、裁判所に解決をしてもらう特定調停、そしてここでご紹介する任意整理です。

任意整理以外の3つの方法は全て裁判所が関与しますが、この任意整理は裁判所が関与しないというのが最大の特徴です。債権者である金融会社と、お金を借りている人の代理人である弁護士または司法書士が交渉をして借金問題を解決します。

当事者間の話し合いなので、双方が合意さえすればどんな解決方法でもOKです。仮に金融会社が全ての借金をゼロにしても構わないと言えば、それで解決です。もっとも、そんな交渉に応じる金融会社はありませんが。

任意整理の交渉をした結果、ほとんどの事例では金利をストップしてその時点の残高を毎月分割払いするというのが一般的です。昔はもっといろいろな解決案があったそうですが、今はほとんど事例がこのパターンになっていて、半ば流れ作業のように進められます。







|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|